Markの資格Hack (税理士試験)

資格試験に四苦八苦しないための資格Hack(シカクハック)情報 税理士試験のここでしか見れない情報を発信しています

簡易課税の第1種と第2種の判定基準 卸売業の定義は通常の日本語の理解を超える

消費税の簡易課税について以前から疑問に思っていたことがあり、なんとなく流していたのですが、今回改めて調べてはっきりしましたのでまとめておきます。簡易課税の事業区分についてです。




目次

  • 問題:次の取引は、第1種事業(卸売業)又は第2種事業(小売業)のどちらですか?
  • 簡易課税(事業区分)の概要
  • 簡易課税(事業区分)の定義規定
  • 法人に対する販売は全て第1種事業(卸売業)としてよいのか?
  • 消費税法のあり方に疑問
続きを読む

「試験免除大学院は特定支出とならない」という国税庁解釈は税務署内で無視されている

以前の当blogの記事で、「給与所得者の特定支出控除」(所法57の2)を紹介し、国税庁は「税理士試験免除のための大学院は特定支出とならない」と明文で否定した解釈情報を出しており、そしてその解釈はおかしいという私の考えを書きました。どうやら、その国税庁解釈は税務署内で無視されているようだ、ということがわかってきました。

目次

  • 国税庁の解釈情報
  • 特定支出控除を適用して還付を受けたという報告が複数
  • 解釈情報の法的な位置付けは
続きを読む

消費税法改正「会計入力担当者が最低限知っておくべき知識」所内研修資料

消費税法改正について、事務所で職員研修を実施しました。会計入力担当者が最低限知っておくべき知識を中心に、約1時間話しました。詳しい内容は既成の資料を配布したので、レジュメは最重要論点を見出しのように記載しています。話の流れも考えて練りに練った構成なのですが、他で使う予定もないので公開しておきます。余裕があれば外部に向けたセミナー等も開きたいところです。

目次

  • 1 配布資料
  • 2 改正要点
    • 1 基本的な確認
      • 1-1 消費税の課税対象となるものとは(消法4、2①八)
      • 1-2 資産の譲渡等とは
      • 1-3 納付税額の計算方法(本則課税)
    • 2 税率
      • 2-1 10月1日以後に登場する税率
      • 2-2 いつの税率が適用されるか(消基通9-1-1~9-6-2)
      • 2-3 経過措置とは
    • 3 軽減税率
      • 3-1 適用されるもの
      • 3-2 外食の定義
    • 4 「区分記載請求書等」への対応
  • 3 軽減税率導入後のレシートと仕訳
続きを読む

軽減税率導入後のレシートと仕訳 キャッシュレス還元の経理処理はどうなる?

私が勤務している税理士法人では最近とてもバタタバタしておりまして、今頃になって消費税法改正の対応に本腰を入れようかというところ、職員研修の資料を私が準備しております。


軽減税率とは、実に馬鹿げた制度。先に更新した記事に続き、今後この制度について語る際には、必ず枕詞としてつけてやろうなどと思っております。今回の記事もその理由を示すのに十分でありましょう。

目次

  • セブン-イレブンの増税後のレシートのイメージ
  • 仕訳を起こすとどうなるか
  • キャッシュレス還元は雑収入か、値引きか?
  • 実務上の対応
  • 事業者以外の個人が得たポイントの課税
  • お知らせ
続きを読む

タックスアンサーの誤記を指摘しました(No.7108 印紙税の軽減措置)

誤謬指摘シリーズの新ネタ、今回は国税庁サイト内、タックスアンサーに見つけてしまいました。

目次

  • 建設工事の請負に関する契約書に係る印紙税の軽減措置
  • 税務署に確認
  • 「表記の誤り」だった
続きを読む