Markの資格Hack (税理士試験)

資格試験に四苦八苦しないための資格Hack(シカクハック)情報 税理士試験のここでしか見れない情報を発信しています

平成最後の税理士試験の詳細が発表に。答案用紙のサイズなど変更。

平成31年度(第69回)税理士試験の公告が、4月5日、国税庁から行われました。(ちなみに、平成31年4月1日から始まる一年間は平成31年度となりますので、今年の試験は平成最後の試験となります。令和元年度ではありません。)


公表された受験案内によると、今年の試験ではいくつかの変更点があるようです。

f:id:mark_temper:20190412212614p:plain

今年の変更点

答案用紙がA4サイズに

f:id:mark_temper:20190412212949p:plain

答案用紙のサイズが、これまでのB4からA4に変わるとのこと。用紙がこれまでより小さくなりますので、枚数が増えたり、問題の枠組みが変わったり等の影響が気になるところです。これまでの用紙は若干大きめであり、会場によっては机からはみ出し、さらに前の人の椅子との間に挟まったりして困るということがあったようですから、この変更は用紙が扱いやすくなるのではないかと思っています。

修正テープの使用が可能に

f:id:mark_temper:20190412213007p:plain

答案の作成上、修正液・修正テープの使用が認められることになりました。従来は、筆記を誤った箇所は二重線で消して、別の場所に書き直さざるを得ませんでしたが、直接修正することが可能になります。どれほど使う機会があるかは未知数ですが、万が一の失敗に備えて取れる手段が広がったわけですから、受験者にとってはポジティブな変更だと思います。

飲み物の飲用が可能に

f:id:mark_temper:20190412213015p:plain

ペットボトルの持ち込みと試験中の水分補給が認められました。これは昨年の猛暑対策で、試験の直前に急遽認められる運用となったものですが、今年も継続となりました。私が国税庁に要望を送っておいたものですから、素直に喜びたいと思います。

ハンカチ、ティッシュの使用が可能に

f:id:mark_temper:20190412212958p:plain

これも、上記のリンク先記事にあるように、昨年、私が要望を送っておいたものが、実現したことになります。私、緊張で手に汗握りやすいものですから、これで安心感が高まります。


試験改善の兆しか

以上、受験案内からわかった変更点をまとめました。いずれも受験者にとって歓迎すべき変更です。国税庁が受験者の利便を考えて、受験環境の改善を試みようと検討した兆しとも受け取れます。税理士試験の歴史上、小さいですが大きな転換と思います。

一年に一回しかない試験では緊張や不安も多くあるところですが、受験生諸氏にあっては、この変更を生かして少しでも平常心で試験に臨めるよう努め、良い結果を残しましょう。