Markの資格Hack (税理士試験)

資格試験に四苦八苦しないための資格Hack(シカクハック)情報 税理士試験の実情を発信しています

『税務弘報』7月号 増田英敏教授 税理士試験の問題点と大学院についての意見

『税務弘報』2018年7月号の増田英敏教授の連載で、税理士試験の問題点と大学院について取り上げられておりますので、ご紹介します。税理士試験の問題の傾向については、私も当blogで批判を展開してきており、このコラムにも強く首肯するものです。こうした有…

税理士試験過去問ダウンロード 感想をつぶやいたら無料

実際の税理士試験で使われた問題用紙・解答用紙のダウンロードサービスを下記のページで提供しています。 利用した感想をtwitter(blogでも可)でつぶやいてくださる方に無料でダウンロードできるようにいたします。(期間限定です。) 興味のある方は、右上…

判例評釈 最三小判H9.11.11(レーシングカー事件)「一般人の理解から違和感の残る判決」

大学院のゼミの課題として出されて初めて書いた私の判例評釈と、教授の解説を載せておきます。裁判の結論は、納税者からすると「なんでこんな理屈が通るんだ」と言いたくなるもので、多数の評者から批判がされているものですが、これが日本の税務訴訟の現実…

所得・相続・国徴の過去問題をアップしました

平成28年度税理士試験・過去問題、所得・相続・国徴の各科目をアップロードしました。実際の税理士試験で使われた問題用紙、解答用紙の実物を無修正で公開しているサービスは唯一となります。どうぞご利用ください。 税理士試験・過去問題のPDFダウンロード…

税理士試験・過去問題のPDFダウンロードサービス

税理士試験過去問題のPDFダウンロードサービス(配布)を始めます。まずは平成28年度(第66回)の法人税法、消費税法です。反響を見て他の科目に拡大します。 目次 税理士試験過去問題ダウンロード 説明 ダウンロード

開示請求No.13 審査請求書 模範解答は本当に存在しないのか、改めて切り込む

税理士試験には模範解答が存在しない、という国税庁の公式見解が、平成15年の情報公開審査会答申で出されていることは、以前にこのblogでも紹介しました。 「税理士試験の模範解答は存在しない。」平成15年7月24日答申 平成15年度(行情)答申第208号 - Mark…

開示請求No.3 意見書「試験委員の人材は枯渇しているのか」

開示請求No.3は、受験者の成績開示について争っている件ですが、先日届いた国税庁の理由説明書に対し私から意見書を提出しました。おそらく、この審査請求、私が勝つことになりそうですが、手を抜かずに全力で書いてきました。この連休も、これを含めた開示…

税法の判例評釈の書き方

税法を学ぶ大学院で、最も重要なことの一つと言えるのが、判例について学ぶことです。これが2年間で完成させる税法修士論文の基礎にもなります。先日ゼミで、早速、「判例評釈を書いてくるように」と課題が出されました。教授が、ある判例について雑誌『判…

開示請求No.3 国税庁理由説明書「受験者の成績を開示することは支障を来たす。平成30年度以降はシステムを改修して受験者に通知する予定」

今年の税理士試験では、受験者(不合格者)の得点開示が行われる変更が発表されたことは既に記事にしました。この変更が行われることとなった理由は、どうやら私の行った開示請求が原因であるらしいことを裏付ける資料を公表します。 今年の税理士試験は得点…

「当方は情報公開関係で十五年以上の実績があります。他士業と較べても税理士の非公開ぶりは顕著で、突出しております。」

blogにコメントをお寄せ頂きました。 西日本法曹問題研究会 2018-04-22 13:20:11 初のコメントとなります。当方は情報公開関係で十五年以上の実績があります。税理士試験のみならず、審査会における国税庁の税理士法に関わる他の案件についての対応、答申例…

大学院に入学しました 税法専攻の大学院について

私、Markは、春から大学院に入学しました。税法を専攻し、2年間で修士論文を書きあげて、税理士試験の科目免除を予定しています。入学式とガイダンス、1週目の講義が終わったところでこの記事を書いています。 目次 昨年の試験前から準備していました 目的は…

【トリビア】給与支給日に死ぬと所得税が課税されるが、一日前に死ねば課税されない

国税庁サイト・質疑応答事例からの小ネタです。従業員に支給する給与は、給与所得として源泉徴収の対象になります。これは当然の取り扱いです。では、従業員が不慮の事故で死亡してしまい、給与の支給が死亡後になってしまったらどうなるのでしょうか?給与…

このblog「Markの資格Hack」と私について

こんにちは。Markです。このblogを始めたのが、2016年9月。1年半更新をしてきて、blogの自己紹介を書くには今さら過ぎるのですが、私自身の生活環境の変化もあり、今後の方向性の検討も含めて、この機会に書いておこうと思います。 目次 blog名「Markの資格H…

「税理士試験適正化要望」署名活動を終結します

税理士試験適正化要望キャンペーン「私たちは、税理士試験の適正化を要望します」と題して、change.orgで行ってきたネット署名活動をこの度、一旦終結する決断をしました。これまでの経緯、その理由等についてご説明します。 キャンペーン · 「私たちは、税…

今年の税理士試験は得点を開示すると発表

先日リニュアールされた国税庁のホームページで、今年の税理士試験について公告発表がありました。速報でお送りします。 目次 2つの変更点 不合格者に対し得点の開示を行うと発表 この判断の背景にあったもの

税理士試験過去問題 平成28年度(第66回) 法人税法

開示請求により入手した税理士試験の過去問題を公開します。 目次 過去問題を公開する目的 国民共有の財産として公開されるべきものであること 試験問題は批評の対象となるべきものであること 情報の非開示は隠蔽を生む原因となること 予備校の頒布する問題…

審査会答申に異例の付言「不存在の理由を付記せよ」:開示請求No.2「第66回税理士試験採点前答案」

開示請求No.2「第66回税理士試験採点前答案」の結果です。今回は不存在を理由とした不開示決定でしたから、結論(処分妥当)はわかりきっていました。ただし、この審査請求により判明した事実もあります。私は、答案用紙の他にバックアップとして答案のスキ…

審査会答申は結論ありきの不当判断!開示請求No.1「第66回税理士試験採点済み答案」

私の一連の開示請求の中で最初に行った「第66回税理士試験採点済み答案」について、情報公開・個人情報保護審査会での最終的な結論である答申が、平成29年12月18日に出ました。blogでの報告が大変遅くなったのは、不本意な結果となりこの総括をどうしたもの…

開示請求No.4「第67回税理士試験・採点前答案用紙」理由説明書と意見書 空虚な返答に怒り心頭

「第67回税理士試験・採点前答案用紙」の黒塗り開示に対し、国税庁の理由説明書を受け取りました。その全文と、私が情報公開・個人情報保護審査会に提出した反論の意見書を公開します。 目次 開示請求の状況 国税庁の理由説明書 要約 意見書 1 処分庁の理由…

配当所得、株の譲渡所得を住民税で「申告不要」にするための申告(名古屋市の場合)

タイトルが長くなりすぎるので省略しましたが、この記事の主題をフルで書くと以下のようになります。「所得税の申告で総合課税に入れた配当所得、申告分離を選択した上場株式等の譲渡所得等を住民税で「申告不要」にするための申告(名古屋市の場合)」です…

開示請求No.7「税理士試験システムの端末操作要領」(1) メインメニュー・出力できる帳票

国税庁人事課が使用する「税理士試験システムの端末操作要領」が開示されました。資料はA4版で124ページありました。(開示手数料の印紙代と郵送料もそれなりにかかりました。)開示された資料を分析しながら、このblogで順次、公開していきます。 ※ このblo…

開示請求により史上初公開!本物の税理士試験受験者・点数分布表

税理士試験については、主催する国税庁から公表されている情報が余りに少なすぎるということを私(Mark)は問題視してきました。司法試験や会計士試験と比較してもそれは明らかで、それが「適切に採点されているのか」と言った不信感や「官報調整」のような…

税理士試験開示請求 現在の状況

本日新たに4件、国税庁に開示請求をしました。これで私が税理士試験に関して行った開示請求は計14件になりました。ここでこれまでの状況を整理しておきます。去年開示請求に使った郵便代と印紙代の領収書を整理。そして今日新たに開示請求した分の領収書。 …

国税庁に税理士試験適正化を要望する署名を届けてきた

仕事が繁忙期に入り残業もあり、なかなか更新の時間が持てなくなってきました。すっかり日が開いてしまいましたが、2月2日、国税庁に「税理士試験適正化要望」キャンペーンの署名を国税庁に届けに行ってきた報告です。 目次 提出した署名は185筆 質問を預…

税理士新聞に「税理士試験適正化要望」の活動が掲載されました

先日、国税庁に「税理士試験適正化要望」の署名を提出に行った際の模様が、エヌピー通信社様の税理士新聞に掲載されました。事務所で購読されている方は、是非手にとってご覧ください。税理士新聞2月15日号に「税理士試験適正化要望」の活動が掲載されました…

計15人が国税庁に開示請求と判明 開示請求No.5「平成29年「官人6-1〜53」各文書の件名」

1月4日に国税庁を訪れて受け取った開示文書を公開します。今回公開するのは、「国税庁平成29年発遣文書番号「官人6-1〜53」各文書の件名の記載された一覧」です。これは、平成29年に国税庁長官(佐川宜寿さんの名前は随分有名になりました。)名義で発せられ…

開示請求No.3「税理士試験受験者の成績」部分開示への審査請求を行いました

今回は、開示請求No.3「受験者の成績」の部分開示(得点部分を不開示)への審査請求を行いました。 目次 税理士試験開示請求No.3「受験者の成績」これまでの経緯 審査請求書 審査請求の理由 雑感

2月2日、国税庁の担当者に会って要望を伝えます

2月2日金曜日に、国税庁を訪ねて担当者に会います。「税理士試験適正化要望」の署名の受け渡しと、要望を伝えることになっています。 参加者募集 国税庁の担当者に直接会って話す、またとない機会ですので、できれば私の他にも同行者と一緒に熱意を伝えたい…

税法を学ぶ者が押さえておくべき一冊 木山 泰嗣『教養としての「税法」入門』

今日の記事は本のレビューです。著者の木山泰嗣先生は弁護士で、この本にも書かれていますが、戦後最大の税務訴訟と呼ばれるストックオプション訴訟で原告代理人の主任を務めた方で、現在は青山学院大学法学部の教授です。著書のとても多い先生で、私も既に…

受験生200人に聞いた「5科目受験?大学院免除?」

ツイッターで行っていたアンケートの結果が出たのでまとめておきます。有効回答は238人でした。 税理士になるにはどの資格を目指しますか? 税理士志望者に聴きます。税理士になるには— まあく (@mark_temper) 2018年1月8日「5科目試験合格」を志望するのは4…