Markの資格Hack (税理士試験)

資格試験に四苦八苦しないための資格Hack(シカクハック)情報 税理士試験の実情を発信しています

審査会答申は結論ありきの不当判断!開示請求No.1「第66回税理士試験採点済み答案」

私の一連の開示請求の中で最初に行った「第66回税理士試験採点済み答案」について、情報公開・個人情報保護審査会での最終的な結論である答申が、平成29年12月18日に出ました。blogでの報告が大変遅くなったのは、不本意な結果となりこの総括をどうしたものか、考えているうちに他の開示請求等で動きがあり、更新記事が溜まってしまっていたものです。申し訳ありません。


結論を言うと、国税庁の言い分がそのまま100%通り、不開示妥当、となりました。私はこの結論は、全くの不当判断だと思っております。以下でその理由を説明します。これを見て皆様はどのように思われるか、是非ご意見をお寄せください。

目次

  • 税理士試験開示請求No.1「第66回税理士試験採点済み答案」これまでの経緯
  • 論点
  • 答申の公開場所
  • 答申番号「平成29年度(行個)答申第161号」とコメント
    • 第1 審査会の結論
    • 第2 審査請求人の主張の要旨
    • 第3 諮問庁の説明の要旨
    • 第4 調査審議の経過
    • 第5 審査会の判断の理由
  • 答申番号 平成29年度(行個)162
  • 結論ありきの不当判断
続きを読む

開示請求No.4「第67回税理士試験・採点前答案用紙」理由説明書と意見書 空虚な返答に怒り心頭

「第67回税理士試験・採点前答案用紙」の黒塗り開示に対し、国税庁の理由説明書を受け取りました。その全文と、私が情報公開・個人情報保護審査会に提出した反論の意見書を公開します。

目次

  • 開示請求の状況
  • 国税庁の理由説明書
    • 要約
  • 意見書
    • 1 処分庁の理由説明書について審査請求人の意見
      • 1-1 機械的、断片的知識しか有しない者が高得点を獲得する可能性について
      • 1-2 質問や照会が増加することについて
    • 2 結論
  • 雑感
続きを読む

配当所得、株の譲渡所得を住民税で「申告不要」にするための申告(名古屋市の場合)

タイトルが長くなりすぎるので省略しましたが、この記事の主題をフルで書くと以下のようになります。「所得税の申告で総合課税に入れた配当所得、申告分離を選択した上場株式等の譲渡所得等を住民税で「申告不要」にするための申告(名古屋市の場合)」です。

確定申告期間中は、株の申告について解説した以下の記事へのアクセスが、このblogの中でもトップを争っていました。


確定申告期間は終了しましたが、今からでも申告の参考とされる方のために、あるいは、制度「改正」により複雑かつ面倒な手続きが必要になったこと、自治体によっても必要な手続きが異なったこと、を記録しておくために、この記事を残しておきます。

目次

  • 何のために必要な手続きか?
  • どのような場合に有利(節税)となるか
  • 名古屋市での申告手続き
    • 申告会場に行ってきた
    • 提出書類は5点
    • 提出は住民税の賦課決定がされるまで可能
  • 手続きはもっと簡略化できるはず
  • 配当所得の課税については抜本的に見直すべき
続きを読む

開示請求No.7「税理士試験システムの端末操作要領」(1) メインメニュー・出力できる帳票

国税庁人事課が使用する「税理士試験システムの端末操作要領」が開示されました。資料はA4版で124ページありました。(開示手数料の印紙代と郵送料もそれなりにかかりました。)開示された資料を分析しながら、このblogで順次、公開していきます。



※ このblogに掲載した開示請求資料やグラフの画像を引用して、blog記事で分析等をして頂いて構いません。必ず出典元の明記とリンクを貼ってください。


目次

  • 開示請求の経緯
  • 開示請求資料「税理士試験システムの端末操作要領」
    • 表紙・目次
    • メインメニュー
    • 帳票一覧
  • 新たに帳票を開示請求
    • 国税庁は合格所要年数を把握していた
続きを読む

開示請求により史上初公開!本物の税理士試験受験者・点数分布表

税理士試験については、主催する国税庁から公表されている情報が余りに少なすぎるということを私(Mark)は問題視してきました。司法試験や会計士試験と比較してもそれは明らかで、それが「適切に採点されているのか」と言った不信感や「官報調整」のような疑惑の原因となっています。模範解答や採点基準すら開示しない体制が、実際に「解答不能」と評される不適切問題の出題に繋がっており、外部の指摘に対してもノーコメントを貫くという不適切な状況を生んできました。


現在までに私が行っている14件の開示請求で、税理士試験についてこれまで判明していなかったいくつかの事実が判明してきました。今回は受験生の関心も高いと思われる、試験での受験者の出来を表す点数分布、予備校予想による推計ではない、開示請求により開示された「本物」の点数分布表をここに公開します。



目次

  • 合格点は本当に60点なのか
  • 開示された「平成29年度 税理士試験科目別・得点区分別・分析表」
  • 分析表と科目別分布グラフ
  • 受験予備校はどう対応するのか
  • 平成28年分データは既に破棄
続きを読む